あれもこれもそれもみんな知りたい!

【衝撃】人間は微生物に操られていた!?腸が人間の思考感情、性格を決めている!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Sponsored Link

学校の教科書にも世間の一般常識でも人間は脳一番大切で脳が考えていると教わっていきましたが、その常識が現在崩れ始めています。

どうやら人間は

脳→全身←腸

ではなく

腸→脳→全身

という流れで情報が伝わっている可能性が確信に変わってきています。

腸は第2の脳と言われていた

cell-3089947__340.jpg

 

腸と脳は自律神経、ホルモンなどの情報伝達物質を通して、互いに影響を及ぼし合っているため密接な関係があることが分かっています。

それを腸脳相関と言ったりしています。

また科学者たちは大腸が脳や脊髄からの指示なしに機能することができるために腸のことを「第二の脳」と呼んでいます。

そこは何らかの形で腸の筋肉の動きを制御することができる何百万ものニューロンからなる自律的な機能です。

しかしそうではないという可能性が出てきました。

もっとすごい亊が分かってきたのです。

イギリスのある研究が世界に驚きを与えた。

anatomical-2261006__340.jpg

ネイチャーに掲載されたそのイギリスでの研究について、発表したバブラハム研究所のニュースリリースが世界に驚きを与えました。

内容をわかりやすく言うと

腸内細菌はゲノム、つまりすべての遺伝情報を制御しているという内容だったのです。

ゲノムとはDNAのすべての伝達情報のことです。

これは「生体としての私たちのすべての部分を腸内の細菌がコントロールしている」可能性が高いということになります。

つまり人間は微生物たちのモビルスーツだったということです。

言い換えると人間が微生物のための入れ物と言いても過言ではありません。

ラットの実験

「あなたの体は9割が細菌」という本でラットの実験で興味深いことが書かれています。

ラットがトキソプラズマに感染すると、恐怖心を失って振る舞いが変わり、猫の餌食になる。猫好きの人も猫にひっかかれることでトキソプラズマに感染し、性格が変わる。

(トキソプラズマとは寄生虫の一種です。)

細菌は体調だけでなく、精神にまでも影響を与えることがあるということを証明しているのです。

これを人間に置き換えると、人間は単独で生きていく生き物ではなく、微生物と互いに協調・競合する複雑な生態系だと考えられます。

私たちは考えていたのではなく、考えさせられていたというわけです。

私たちは思っていいたのではなく、思わされていたのです。

それができるだけの力が腸内細菌にはあるということです。

それが生き物の体の仕組みだったのです!!

日本の「腹」という言葉について

samurai-58060__340.jpg

日本には体の一部を使って表現する技法があります。

腸の場所にあたるのは「腹」です。この腹を使った表現は沢山あります。

腹が黒い
腹を決める
腹が大きい
腹が下る
腹が据わる
腹が膨れる
腹に一物
腹に収める
腹に据えかねる
腹は借り物
腹も身の内
腹を痛める
腹を抱える
腹を固める
腹を読む
腹の虫がおさまらない
腹の虫の居所が悪い

など色々ありますが、例えば、「腹の虫が収まらない」とは腸の菌が暴れているようなことを指しているようにも思えます。

さらに「腹黒い」は悪玉菌は増えた状態を言っているようにも想像できます。

そして全体を通して言えるのが「腹」を使った表現は感情や気分、精神などを表現するのに使われていることが多いということです。

腸が最初に作られたとしたら

universe-2742113__340.jpg
腸内細菌が人間のゲノムにかかわることができるというのなら、むしろ生き物は腸を中心に考えるべきなのかもしれません。

腸こそが生き物の中核だとしたら、その腸を陣取っているのが微生物だとしたら、

腸の微生物が人間をコントロールしているというこうとになる可能性が高まります。

それはつまり

人間の脳→全身

ではなく

腸内細菌→脳

つまり人間と腸内細菌の主従関係が

腸内細菌(主人)

脳、全身(従)

つまり人間は微生物の操り人形ということです。

それを気づかないうちにされているから、今まで気づけなかったという亊です。

これが世界を驚かすことになったニュースなのです。

 

人間は食べたもので出来ているという考えや、
食に対して世界の宗教が規律を設けているのも、
同じ釜の飯を食べると仲が深まるのは腸に入った食べ物が同じだかだとしたら

ずさんな食生活している若者がすぐキレるのも腸に悪い物を入れているからだとしたら

大富豪でなぜ家庭菜園をしている人が多いのか
はたまた水野南北が「食は命なり」と言ったのも
全て一つにつながります。

「微生物が理性をコントロールしている」

「脳も微生物にコントロールされている一部に過ぎない」

だとしたら今日からなにを食べますか?

まだ畜肉なんか食べますか?

脳は甘い物や油っぽい物を進化の過程で欲しがるようにできていますが、腸はそんなものはいりません。

まだファーストフードなんか食べますか?

化学調味料なんて腸内細菌には必要ありません。

まずは発酵食品から、乳酸菌から始めてみませんか?

二極化する現代で発芽玄米がマストアイテムお理由とは?(発芽玄米の注意も含む)

なぜ日本は世界一の発酵食品大国になれたのか?

じつは日本は1200年間もの間肉食禁止だった!?

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© みんなのスタミナNEWS! , 2019 All Rights Reserved.