ラグビーニュージーランド代表のハカの振り付け師って誰?指導者としての役割や舌を出す意味についても

ラグビーワールドカップが熱狂しいていますね!!

ラグビーが女性に認知され初めている原因の一つにニュージーランド代表のハカがあります。

 

このハカって選手が独自に考えているのでしょうか?

それもあるかもしれませんが、やはりきちんとした指導者(振付師)がいます。

このページでは

・ハカの振り付け師とはだれか?

・その振り付け師について

お伝えしていきます。

ニュージーランド代表のハカの振付けをやっているのは誰?

https://twitter.com/HuffPostJapan/status/1175347449101201411

 

ラグビーワールドカップでニュージーランドが試合前にハカという踊りをやっていましたが、あれほどきちっと振り付けがある以上、それを指導している人がいます。

そのハカの指導をしているのは、ジェーマス・ウェブスター氏です。

情熱あふれ、ユーモアもある方です!

ジェーマス・ウェブスター氏はニュージーランド代表のハカの指導者でもありますが、それだけではありません。

ニュージーランドのロトルア地方の学校でハカの授業もしています。

ハカの復旧にものすごく貢献しているようですね。

どの国でもそうですが、グローバル化などで
その国独自の文化がすたっています。

ジェーマス・ウェブスター氏はハカがけしてすたることのないように次の世代に伝えているのです。

またハカは所属するチームや学校によって独自のものがあります。

ニュージーランド代表のオールブラックスなら

Kapa o Pongoがそれにあたります。

https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/1175347996176900096

Kapa o Pongoの意味は Kapa=Group、 Pongo=Blackです。

つまりKapa o Pongoとは、まさにオールブラックスという意味のチームのHAKAなのです。

こういった独自のハカを色々なところでそこにいる人達と一緒に作ってもいます。

ニュージーランド伝統のハカってダンスなのか?

ハカはダンスとは少し違います。

ハカは昔の人達が戦争に行くために士気を高めたりするために作られた舞です。

なのでハカはほとんど男性がします。

 

ハカは一見勢いだけでやっているようにも見えませよね。

しかしそうではなく、動きや声の出し方、発音などしっかりと考えられています。

そうどうすれば、エネルギーを伝えられるかとか官感情表現も大事です。

また以下に相手に恐怖心を与えるかも大事です

舌を出したりするのも意味ある?

https://twitter.com/Gun_tie/status/979940313224499200

舌を出すのには、ひとの機能の延長といった意味合いがあるそうです。

マオリ族は文字を持たない民族だった為に会話によるコミュニケーションが非常に発達しています。

 

その意味でも舌を使った表現は日本人よりも遥かに意味がたくさんあります。

その中でもハカでしたを出しているのは威嚇だと考えられます。

まとめ

・ニュージーランド代表のハカの指導者はジェーマス・ウェブスター氏です。

・ジェーマス・ウェブスター氏はいろんな学校でハカをはじめマオリ文化を教えています。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました