【ラピュタ】のシータに親や家族はいた?パズーに 出会うまでの暮らしついても

1986年の公開依頼ずっとジブリファンに愛され続けている作品天空の城ラピュタ。

この作品がSFであるがゆえにロマンがあり、今なお人気があります。

このページではシータの両親や家族そしてパズーに出会うまでの暮らしや生活についてお伝えしていきます。

シータの家族について

シータの家族にお伝えする前にまずどこまでを家族と言えるのかが要になります。

そのためには名前をおさらいする必要があります。

シータの家族の名字は?

Sponsored Link

シータの本名(フルネーム)は

リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ

それには意味があり「 トエルは真、

「ウル」は王という意味です。

ラピュタは王家の名前にあたります。

なので一応名字はラピュタになります。

しかしムスカにもラピュタという名前がついています。

ではムスカと同じ名字なのかと言うと少しちがいます。

ムスカの本名は
ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ

ラピュタ王家ではあるものの「トエル」がありません。
そのかわり、「パロ」がついています

ギリシャ語で「従属」の意味を示しています。

つまりムスカは従属なので家族とは考えないで考察していきます。

シータに親や家族はいなくて天涯孤独だった?

父親は不明ですが
シータの母親は病気で亡くなったと言われています。

祖父母も早くになくして頼るすべもなかったようです。

なのでシータは天涯孤独として一定期間1人で暮らしていたということです。

なので料理ととかも13歳にしては上手だったのでしょう。

シータの母親は映画天空の城ラピュタに登場していた!?

シータの母親は実は映画天空の城ラピュタので登場しているといわれています。

それが最初のシータが空から降ってきてパズーの家で寝ているシーンです。

 

シータが起きてきてあたりを見回したシーンで壁にラピュタの写真が飾ってあるシーンがあります。

 

そのシーンの下に1人の女性の顔写真があります。

それがシータの母親だそうです。

シータはラピュタの王家の末裔。

母親は后だった可能性も十分にあります。

パスーの父がラピュタを撮影したのがパズーがシータと出会うう前のこと。

時代にして20年くらい前だというのが妥当でしょう。(父親の年齢などを踏まえると)

そのころはラピュタには人が居た可能性があるわけです。

そうだとすれば、母親は何らかの理由があって后として写真に残っていたと考えても不思議ではありません。

パズーに出会うまではどんな暮らしをしていた?

シータはムスカに連れ去られる前まではゴンドラの谷でひっそりと暮らしていました。

そこで両親が残してくれた家畜や畑で生計を建てていたと考察します。

 

そこにムスカたちがやってきてシータをラピュタを

探すために連れ去ったというわけです。

まとめ

・シータは早くに家族をなくしている。

・シータの母親の死因は病気だがあとの家族の死因は不明。

・シータは家族が残してくれた畑や家畜で生計を建てていた。

合わせて読みたい

天空の城ラピュタのモデルとなった街や場所は? 舞台や時代設定についても 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました