映画ルパン三世ザ・ファーストのサブタイトルの意味や由来は作品に込めた思いについても

2019年の12月公開のルパン三世「THE FIRST」からルパンシリーズもついに3D化しました!

ルパン三世は1967年からスタートしていますので、もう60年以上も続いているのです。

しかしそんな60年以上も立つのに、今作のサブタイトルがなんと「THE FIRST」となっています。

このページではなぜこのタイミングでサブタイトルが「THE FIRST」なのかについてお伝えしていきます。

最後までお読みいただけると幸栄です。

Sponsored Link

映画ルパン三世ザファースト予告

映画『ルパン三世 THE FIRST』予告【大ヒット上映中】
映画『ルパン三世 THE FIRST』予告2【大ヒット上映中】

ルパンTHE FIRSTのタイトルの意味や由来について

Sponsored Link

ルパン三世が開始から62年たった今なぜサブタイトルに「THE FIRST」と名付けたのには深い理由があります。

映画のストーリーに関係するものでもありません。

「THE FIRST」をサブタイトルにした訳をプロデューサーの北島直明氏はこうコメントしています。

日本の3DCGアニメーションの技術力は世界に決して負けていない!
そう心から思えたからこそ、世界で戦う為に、モンキー・パンチ先生が生み出した、日本を代表するキャラクター【ルパン三世】を山崎貴監督の手で3DCGアニメーション映画として製作しました。

“THE FIRST”というサブタイトルは、
“3DCGルパンの初お披露目”
“世界で一番になるんだ!という願い”
そして
“ルパン一世にまつわる物語”
という意味を込めて、スタッフ皆で話し合って決めました。

スポーツの世界だけではなく、映画の世界でも日本人の凄さは世界トップクラスなんだ!と実感して頂けたら嬉しいです。

 

「THE FIRST」は新しい3Dという次元でやっていこうという船出を意味していたようです。

なのでこれはもう二度と2Dには戻らないことを意味しています。

また“世界で一番になるんだ!という願い”というのも2Dで60年間も続けていて圧倒的な人気を国内外で誇るルパン三世だからこそできるものです。

他の漫画やアニメではできないルパン三世だからできることなのでしょう。

THE FIRSTなのにジャケットが緑でないのは・・・

「THE FIRST」というサブタイトルを見た瞬間、なら緑のジャケットにしたらいいのにという意見もたくさんあったようです。

確かに緑なら、それもまた話題になったでしょう。

しかし、これは原点回帰ではないと北島直明プロデューサーのコメントを見ていると分かります。

これは後進ではなく、前進であって新しい世界への船出なのでジャケットは2Dのラストから引き続き赤で行こうとしたと予測しています。

モンキー・パンチ先生も楽しみにしていた!

Twitter

モンキー・パンチ先生は2019年4月11日に亡くなりました。

享年81歳でした。
そのモンキー・パンチ先生もこの「THE FIRST」のキャラクターやストーリーを見て、公開がとても楽しみだったと言っていたそうです。

ルパン三世の新しい船出にモンキー・パンチ先生のがいないことはとても寂しいですが、

モンキー・パンチ先生も期待していた作品なので楽しみですね!!

まとめ

・今作のサブタイトルに「THE FIRST」とつけっれているのは、
“3DCGルパンの初お披露目”
“世界で一番になるんだ!”
という願いをこめてつけられたようです!

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました