あれもこれもそれもみんな知りたい!

映画「インビクタス負けざる者たち」で試合の最後に流れていたジュピターの曲の歌詞は?日本語訳についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Sponsored Link

映画「インビクタス負けざる者たち」の試合で勝った後に最後で流れていた曲がとても映画にマッチしていましたよね。

最後であの曲が流れてきたせいで涙を流した方も多いはず。
その最後で流れてきた曲とは?
タイトルや歌詞、そして日本語訳についてもお伝えしていきます。

インビクタス負けざる者たちで流れていた曲のタイトルは?

決勝の試合でマット・デイモンが演じるフランソワ・ピナールが率いるスプリングボクスが優勝して歓喜にあふれている場面でシンガーが歌っていた歌のタイトルはWorld in Union です。

この曲はラグビーのワールドカップのテーマ曲です。

日本では平原綾香さんが歌って有名になったJupiterというタイトルになっています。

ジュピターとはどんな曲なのか?

Sponsored Link

ジュピターはイギリスの有名な作曲家グスターヴ・ホルストが作曲した惑星という組曲です。

この組曲は7つの章から成り立っていてそれぞれに惑星の名前がつけられています。
その中でも一番有名なのがこの木星ことジュピターです。

制作されたのは1914~1916年の間
今から100近くも昔に作られた曲なのです。

インビクタス負けざる者たちで流れていた曲の歌詞は?

Worid In Union

There’s a dream,I feel so rare, so real

All the world in union The world as one

Gathering together One mind, one heart

Every creed, every color Once joined, never apart

Searching for the best in me,I will find what I can be

If I win, lose or draw there’s a winner in us all

It’s the world in union the world as one

As we climb to reach our destiny a new age has begun

We face high mountains, must cross rough seas

We must take our place in history and live with dignity

Just to be the best I can sets the goal for every man

If I win lose or draw It’s a victory for all.

It’s the world in union the world as one

As we climb to reach our destiny A new age has begun

インビクタス負けざる者たちで流れていた曲の日本語訳は?

団結しよう
一つになって
信じられるから
この夢を

みんな離れない
どんな人種でも
どんな宗教でも
心は一つだから

ベストを尽くして
闘い続ける
たとえ負けても
夢は負けない

団結しよう
世界は一つ
運命を切り開き
新しい時代を

どんなに苦しくても
きっと乗り越える
我々は歴史を作る
誇りを持って

ベストを尽くしたから
ゴールに向かって
勝敗よりも
大事なことを

団結しよう
世界は一つ
運命を切り開き
新しい時代を

団結しよう
世界は一つ
運命を切り開き
新しい時代を

こちらは抽象的な日本語訳ですね。

インビクタス負けざる者たちで流れていた曲の日本語訳は?

もう一つ素晴らしい日本語訳がありましたのでこちらも載せさせていただきました。

world in union

私にはとっても素晴らしく素敵な夢がある
それば世界が団結して一つになること

集い合い、心と思いを一つにする
様々な人種や肌の色の人も一度に集い、もう二度と引き裂かれることはない

自己の最高を表現しそれを発揮できれば
ゲームで勝っても負けても、引き分けでもすべての人が勝利者だ

それば絆だ、世界は一つだ
理想へのぼりつめれば、新しい時代は始まる。

様々な困難はたちはだかるかもしれない。
しかし、過去の歴史にも目を背けることなく、尊厳をもって生きる事だ

全ての人が目標にむけてベストを尽くせば
ゲームでは勝っても負けても、引き分けでもすべての人が勝利者だ

それは世界の絆、世界は一つ。
高みへたどり着ければ、新しい時代が始まる。

引用:https://rugma.sakura.ne.jp/

まとめ

・映画で使われていた曲はラグビーワールドカップのテーマ曲でタイトルはWorid In Unionです。

・Worid In Unionは日本では平原綾香さんが歌っていたジュピター、イギリスの「我は汝に誓う、我が祖国よ」と同じメロディーです。

・作曲したのはホルストで1914から1916年にかけて制作したと言われています。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© みんなのスタミナNEWS! , 2019 All Rights Reserved.