あれもこれもそれもみんな知りたい!

百田尚樹ホワイト国除外に賛成!挑発のコメント日本人の反応や為替についても

2019/08/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本と韓国の外交は今戦後一番火花が散っている状態です。

8月2日に日本政府は閣議で韓国をホワイト国除外にすることを決定しました。

これについて作家の百田直樹氏がTwitterでコメントしたことがネット上で拡散しています。

この一連の出来事今後の見通しについて考察していきます。

ホワイト国除外が確定

8月2日日本政府は閣議で韓国をホワイト国除外にすることを決定しました。

この取り決めは7日の公布、28日に執行されることになります。

これに対して韓国政府の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「非常に無謀」だとコメントしています。

百田直樹氏のTwitterでコメント

Sponsored Link

百田氏は今回のホワイト国除外についていつくかのコメントを残しています。

さらにまだ色々とコメントをしています。

このツイートは今回のホワイト国除外についてメディアが国民の民意をほとんど取り上げていない事に対しての発言です。

 

韓国の対応策は?

今回のホワイト国除外に対して韓国はどのような処置をしてくるのでしょうか?

 

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は
「外交努力を拒否し、事態をさらに悪化させるむぼうな決定であり深い遺憾を表明します。」
と発言しさらに、

「私達は二度と日本には負けません。

加害者である日本が盗人猛々しく、大口を叩く状況は見過ごせません。

韓国政府は日本の不当な報復処置に相応の処置を断固取ります。」

会見で述べています。

 

その処置の一つが
GSOMIA(軍事情報包活協定)の破棄だと言われています。

これは北朝鮮の核ミサイルの情報について、日韓で情報を共有するという協定です。

こうれが決まってしまえば、問題は貿易問題から安全保障問題へと広がってしまうとも言われています。

日本人はどう思っている?

 

経済産業省が7月1日から24日までパブリックコメントを募集したところ、

異例の4万666件の意見が寄せられたそうです。

その中

賛成が95%

反対が1%

だったことが分かっています。

 

しかしこういった国民のこえがあまりメディアに出ていないことも不自然だと百田氏も言っています。

今後の見通し

今後の見通しとしては韓国のウォンが世界の通貨に対して下落しています。

このホワイト国除外だけでここまで下落してしまうことを考えると、デフォルトの可能性も出てきます。

このまま行ってしまうと2009年の韓国の通貨危機のようになってしまうかも知れないと考えられています。

そうなれば日本へまた今回とは違った影響が出てくる可能性もあります。

まとめ

・百田氏は今回のホワイト国除外について賛成さらに韓国が報復処置を取って来ても良いと考えている。

・国民の大半が今回のホワイト国除外に対して賛成を示している

・ホワイト国除外のせいで現在ウォンが世界的に世界的に下落している。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© みんなのスタミナNEWS! , 2019 All Rights Reserved.