【食べログ】つや姫の弟の雪若丸を食べてみた。感想。評価。おススメ通販など。

フード

今回の食べログは「雪若丸」です。

つや姫の弟として堂々と2018年にデビューしました。

今回も新米、精米したて、土鍋炊きです。

Sponsored Link

「雪若丸」の特徴

全農山形より引用3.PNG

甘みは少ない

さっぱりした食感

粒大きい

おかずの邪魔をしない

硬さがありしっかりしている

といった特徴があります。

「雪若丸」を食べた感想

4

甘みは少ない

弾力性がない

おかずを邪魔しない

あきないスタンダード

と言った感想を持ちました。

甘みは少ないというか、つや姫と比べられすぎているのが原因のようにも感じます。

つや姫の話題性に便乗している感が少しあります。

弾力性はあまりありません。そのかわりさっぱりしています。そしておかずを邪魔しないという点に関しては、甘ずぎるお米とかはそれ単体で食べるとおいしいのですが、ずっと食べ続けれるかというと飽きてきます。

雪若丸はずっとスタンダードとして食べていけそうな銘柄です。

ネガティブポイント

雪若丸じゃないといけない点がない亊です…

こんな人におススメ

えrてrt.PNG

シンプルなお米を探している方にお勧めです。

お勧め度

【お勧め度★★★】

「雪若丸」の歴史

2003年に山形県の農業研究センターにて人口交配を開始

2017年に名称が決定。

2018年に市場でデビューを果たす。同年に食味ランキングで特Aを受賞。

「雪若丸」の栽培地

map

山形県のみで栽培。

しかしまだデビューして間もないために、産地、生産者、栽培方法などにバラつきがあるようです。なのでどうしても味にバラつきが生じています。

それは仕方ないことなので、今後に期待です。

「雪若丸」の系統

全農山形より引用2.PNG

価格帯

.PNG

キロ―円

1キロで600円程度

2キロで1100~1200円程度

5キロで2400~2800円程度

私が仕入れたのが1000円で1.75キロの玄米でしたので、

白米にすると1割厳で1.6キロとして、625円程度です。

今後価格は上がる?

.PNG

デビューしてまだ一年目ですのでここから世間に認知してもらって価格を上げていけるかがポイントになります。それでもつや姫くらいまではいかないつもりらしいです。

今お米のブランド戦略は熱を増していて、つや姫などの高価格帯にはレッドオーシャンになっています。

お米屋さんや、料理店からすると、そのレンジ以外も欲しいところなのでしょう。

「ゆめぴりか」や「魚沼産コシヒカリ」や「銀河のしずく」など高級米は沢山あります。

なのでそこまでいかない価格帯でポジションを取っていくと考えられます。

 

「雪若丸」のCM白米

田中圭がうまさに悶絶!?「とにかく米なの!」 山形県産米「雪若丸」新CM

つまり何が言いたいのでしょう…笑

最近お米のCMは当たり前になってきました。

雪若丸も1億3000万円を宣伝費に投じているでそうです。

しかし

このCMのクオリティは明らかにタレントの顔で勝負していると見受けられます。

雪若丸の特徴が一切伝わってこないという声もあります。

どんな料理にあう?

Beef_curry_rice_003.jpg

イベントでは吉村美栄子知事が「(料理評論家から)カレーに最もあうおコメと評価された。15年の歳月をかけたので大切に育てていく」と述べた。

日本経済新聞より引用

このカレーライスにもっともあうというコメントのせいで、色々なサイトでカレーと合うと書かれていますが、カレーライスとあうってのは褒め言葉なのでしょうか?

…違うような気がする…

例えば、お寿司のシャリに使いたいとか、

〆にいただきたいごはんとかならわかるのですが…

ようは単体では立たないという風にも受け取れます。

雪若丸を手に入れるためには

雪若丸がまだ生産量がそれほど多くないために、入手ルートはネットの通販がメインになります。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました