あれもこれもそれもみんな知りたい!

ワイルドスピード死んだ人の特徴や名前や家族は?死因は享年についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Sponsored Link

2019年の8月にワイルドスピードスーパーコンボが公開されました。

スピンオフでも堂々のヒットとなっていますが、

やはりワイスピといえば気になるのがあの人

撮影期間中に亡くなったポール・ウォーカーです。

このページでは彼の死因や享年、特徴、家族その後に裁判などをまとめてお伝えします。

ポール・ウォーカーについて

ポール・ウォーカー氏

誕生日 1973年9月12日

歿年日 2013年11月30日(享年40才)

出身 アメリカ合衆国

身長 188cm

血脈 アイルランド及びドイツ系

母親がモデルをしていたために2才のころからCMに出演しています。

その後普通の生活をおくるが、高校生のときに当時お世話になっていたエージェントから声がかかり、ショービスの世界に復帰しています。

1999年『バーシティ・ブルース』、『シーズ・オール・ザット』注目を集めて、
ワイルド・スピードで一躍有名になったと言われています。

しかし不幸なことに、2013年に不慮の事故で亡くなっています。

撮影期間中に死亡した死因は?

Sponsored Link

ポール・ウォーカー氏は2013年11月30日

カリフォルニア州サンタクラリタで行われたチャリティー出演中に愛車のポルシェ・カレラGTで走行中にコントールを失い街路樹に激突して炎上しました。

この事故によってポール・ウォーカー氏は死亡しました。
死因は即死で車の炎上により外傷は激しかったと言われています。

 

運転していたのはポール・ウォーカー氏でなくビジネスパートナーで元レーサーのロジャー・ロダス氏です。

車は事故を起こした時制限速度72kmにたいして制限速度の倍以上の160kmを出していたことが分かっています。

 

ポール・ウォーカー氏の外傷が激しい死体は一時ネットで出回ったようですが、今は探しても見つからないようです。

家族が裁判で敗訴?

 

事故の後、一人娘のミドゥ・レイン・ウォーカーと事故当時一緒に車に乗っていたロジャー・ロダスの二人はポルシェに対して裁判を起こしていますが、

既にポルシェ側に責任はないと裁判で結論が出ています。

 

ポール・ウォーカーの家族は?

家族は元ガールフレンドとの間に1998年に生まれた
一人娘がいます。

名前はミドゥ・レイン・ウォーカーと言い現在21才
ポール・ウォーカーは結婚しは一度もしていないです。

当時彼女のお腹のなかに子供がいる間に破局しています。

しかし、その母親がアルコール癖を持っていたために娘がポール氏に電話をしたことがきっかけで親権がポール氏に移ったと言われています。

 

ポール氏の遺言書の中で2,500万ドル(約25億円)の遺産はすべて娘が相続するように記載していたようです。

ワイルドスピードでのキャラ設定

ポール・ウォーカーはワイルドスピードの中でブライアン・オコナーという役で登場しています。

そのイケメンぷりから女性に絶大な人気を集めていました。

ドミニクのなかまに入るまではFBIにいて、バリバリの警察官でした。

しかしFBIを裏切りドミニクファミリーに入っています。

そこからはドミニクファミリーの中心人物としてドミニクから強い信頼を得て強盗しています。

 

最後の撮影はバーチャル映像?

ワイルド・スピードのスカイミッションはポール・ウォーカー氏の遺作となってしましました。

一旦は撮影中止になったそうですが、
亡きポールのためにとエンディングを変更し公開されたのが話題になり大ヒットを記録しました。

既に撮影済みのシーンはそのままポールのものを使用し、残りのシーンは代役としてポールの実弟のコーディー・ウォーカーとカレブ・ウォーカーが演じたそうです。

ドミニクが最後のセリフで「別れは言わない。」といったシーンはワイスピ史上もっとも有名なシーンになりました。

まとめ

・ポール・ウォーカーは事故死で享年40才

・彼の家族は娘1人で結婚は一度もしていない。

・スカイミッションではラストのシーンは本人ではない。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© みんなのスタミナNEWS! , 2019 All Rights Reserved.