映画「キャッツ」テイラースウィフト新曲のビューティフルゴーストの意味や由来は?評価・評判についても!

2020年1月の24日についに公開された映画「キャッツ」

1981年に初演をイギリスで行ってから39年もの間多くの人に愛されてきました。

そしてついに映画化されました。
賛否両論なのは「キャッツ」は多くの人から期待されているということもあります。

そんな映画「キャッツ」にはあのテイラー・スウィフトも登場しています。

さらに新曲を披露しています。
このページではそんなテイラー・スウィフトの新曲や制作秘話や評判についてまとめました。

最後までお読みいただけると幸栄です。

映画キャッツのためにテイラー・スウィフトが楽曲(ビューティフルゴースト)を提供

映画「キャッツ」では数々の世界のトップアーティストが登場します。

その中でもやはり一番話題になっているのがテイラー・スウィフトでしょう。

実質彼女を見たくて映画に行く人もいます。
そのテイラー・スウィフトは今回映画「キャッツ」のために新曲を提供しています。

タイトルは「ビューティフル・ゴースト」

描き下ろした曲は「号泣ソング」とも言われているほどです!

テイラー・スウィフト(スイフト)の曲(ビューティフルゴースト)はここで聴ける!

Taylor Swift – Beautiful Ghosts (From The Motion Picture "Cats" / Lyric Video)
Sponsored Link

テイラー・スウィフトの新曲を聞いてみました。

私もかなりのテイラー・スウィフト好きですが・・・

私が聞いてまず感じたことは
「この曲名曲だけど、全然テイラー・スウィフトらしくない!!」

という感想でした。

それもそのはず、この曲は
作曲家のアンドリュー・ロイド・ウェバーとの共作だったのです。

テイラースウィフトの曲の歌詞ゴースト(亡霊)の意味や由来について

テイラーが楽曲を通して表現したのは

愛されることを知らず、孤独や不安に震えるヴィクトリアの心境

と言われています。

この曲はビクトリア目線で作られています。

そして

この曲の亡霊とは実はグリザベラの「かつての栄光」のことを言っています。

この曲が歌われるのはグリザベラが名曲「メモリー」を歌った直後です。

グリザベラはかつては自分が美しいと感じ、周囲から必要とされた輝かしい時間がありました。それを「メモリー」は表現しています。

しかしこの曲を歌うヴィクトリアはそんな時期を経験したことなどないのです。
なので、

サビのフレーズの

And the memories were lost long ago, but at least you have beautiful ghosts

は訳すと

(思い出は遠い昔に失くしてしまったけれど、少なくともあなたには美しい亡霊(過去の栄光)がいるじゃない)

と歌っているのです。

儚いですよね、
そしてその儚さを表現するメロディーがまた素晴らしいです!

テイラー・スウィフト(スイフト)の新曲は共作

テイラー・スウィフトがこの映画「キャッツ」のために描き下ろした新曲の「ビューティフル・ゴースツ(Beautiful Ghosts)」
作曲家のアンドリュー・ロイド・ウェバーと共同制作で作られた曲です。

アンドリュー・ロイド・ウェバーはキャッツの数々の楽曲を作っているまさに天才作曲家です。

そのアンドリュー・ロイド・ウェバーが大分貢献しているのでしょう。

まるでテイラー・スウィフトのニュアンスが感じられませんでした。

しかし名曲だなという感じはしました!

テイラー・スウィフトの楽曲(ビューティフルゴースト)を字幕や吹き替えで歌うのは誰なのか

テイラー・スウィフトの新曲の「ビューティフル・ゴースト」を劇中で歌うのは、

ヒロイン子猫ヴィクトリア訳のフランチェスカ・ヘイワードです。
吹替版では葵わかなさんが歌います。

テイラースウィフトの楽曲(ビューティフルゴースト)の評価や評判について

とひょうばんはものすごく良いです!

劇中ではフランチェスカ・ヘイワードが歌っていて、エンディングではテイラー・スウィフトが歌っていますがどちらの評価も高いということがわかります。

 

これは本当に良い楽曲だからでしょうね!

まとめ

・テイラー・スウィフトの新曲「ビューティフル・ゴースト」はアンドリュー・ロイド・ウェバーとの共作です。

歌われるのは、名曲「メモリー」の直後だそうです。

またこの曲のゴーストという意味はグリザベラの過去の栄光のことを表現しています。

字幕版ではフランチェスカ・ヘイワードが歌いますが、吹替版では葵わかなさんが歌います。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました