4月25日激レアで話題のカズマのプロフィールや現在は?著書についても!

4月25日の「激レア」に登場したカズマ氏。

なんとわずか13才で実家に耐えられず家出をしてしまいそこから43年間もサバイバルをして暮らしたという伝説の人物です。

4月25日の放送でのまとめとカズマ氏のプロフィール、著書についてまとめました。

最後までお読みいただけると光栄です。

Sponsored Link

激レアに登場したカズマ氏とは

 

本名:加村一馬(かむら かずま)
生年月日:1954年8月31日生まれ
年齢:73歳(2020年現在)
出身地:群馬県大間々町
家族構成:8人兄弟の4男

カズマ氏の家出のきっかけ実に些細なものでした。

カズマ氏は貧しい家で育ちその貧しさから食べ物をつまみ食いしてしまったようです。
それが親にバレて怒られて我慢できずに家出をしてしまったようです。

それが13才の事でした。

なんと実家から25キロも離れた足尾銅山まで歩いて行ってそこで山ごもりを3年間もしていました。
足尾銅山ではどんな暮らしをしていたのでしょうか?

足尾銅山でカズマ氏はどんなものを食べていた?

初期装備の食べるものは無くなってきたカズマ氏はなんとカタツムリを食べ始めたようです。

カタツムリの他にも、蛇、マムシ、カエル、ネズミ、コウモリ、きのこ、山菜なども食べていました。

しかしたった1つだけ食べれないものがありました。

それがたぬきです。たぬきだけは可愛くて食べれなかったようですね。

しかしウサギは食べるという何とも面白い人柄です。

そしてこの時にはもう着てきた学ランは無くなって、裸でいたそうです。

Sponsored Link

イノシシも罠を仕掛けて食べていた?

イノシシを狩りで捕まえて食べていたカズマ氏。

狩りの方法はイノシシにチョッカイをかけて追っかけてきたところを、カズマ氏は事前に仕込んでおいた落とし穴に向かってい走りイノシシを落としていたようです。その穴は下に木を尖らせて刺して罠にしていました。

そしてイノシシの革は毛皮にしたり靴にしたりしていたそうです。

愛犬シロについて

足尾銅座にで暮らしていたカズマ氏の後を愛犬のシロは追ってきました。

両足に血を流しながらもついてきたようでこれにはカズマ氏は感動したそうです。

さらに愛犬のシロは頭がとても良く

シロはカズマ氏がもう食べる物が無くて死を覚悟した時にウサギをくわえてやってきてくれたそうです。

そこまで飼い主のことを考えている犬ってすばらしいですよね。

しかしある時シロは死んでしまったそうです。
そしてそれを期にカズマ氏の足尾銅山の暮らしは終焉を迎えています。

洞窟を出たカズマ氏は洞穴に引っ越ししていた

16才になったカズマ氏は愛犬シロと別れを悔やみ足尾銅座を後にします。

そして次は近くに洞穴に引っ越ししています。
その洞穴は今でもカズマ氏の自宅の近くに模型を再現しているようです。

カズマ氏逮捕?

その後ありとあらゆる事をして生きてきたカズマ氏にもついにサバイバルに終止符が撃たれていまします。

ある時カズマ氏はあまりにも喉が乾いていたので小銭を入れて自動販売機でジュースを飲もうとしたそうです。

しかしジュースが出てこなかったために近くにあった道具で自動販売機をこじ開けようとしてしまいます。それが警察見つかって逮捕されてしまいます。

この事件でカズマ氏は執行猶予を与えられています。

また身元も明らかになり故郷に帰っていくことになりました。

Sponsored Link

カズマ氏の現在は?

カズマ氏は現在は群馬県の障害者施設で働いているそうです。

そこで住み込みをしながら、ブルーベリー畑を世話したり、芝を刈ったしているそうです。

また最新の情報では73才になったカズマ氏は森で熊に遭遇してしまった時に事件がおきています。

カズマ氏はもう人間の生活に慣れてしまったようでなんと熊から逃げてしまったとか・・・

かつては戦っていたのにもう戦えなくなってしまったようです。

カズマ氏の著書について

カズマ氏の実体験は著書になっています。

タイトル:洞窟オジさん
発行日:2015年9月
販売:小学館

価格:485円(キンドル)

またカズマ氏の実体験はドラマにもなっています。

まとめ

・カズマ氏は13才の時に家出をして43年間もの間サバイバル生活を送りました。
そして自動販売機でジュースこじ開けようとしたときに警察につかまってしまい、それが原因で身元が判明して兄弟の元に返っています。

また現在は群馬県の障害者施設に住み込みで働いているそうです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました