あれもこれもそれもみんな知りたい!

【聖地巡礼】天気の子陽菜のアパートの場所や行き方は?こみ具合などについても

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Sponsored Link

新海監督の最新作の「天気の子」が興行収入100億円を突破して大ヒットになりました。

そのせいもあってか「天気の子」の聖地は普段人がいない時間帯でもファンがカメラで記念撮影をしていたりします。

このページでは陽菜が住んでいたとされている聖地の田端駅や陽菜の家(アパート)の場所はいつ頃いけば空いているかや混んでるかなどをお伝えしていきます。

陽菜のアパートがある街は「田端駅」

陽菜の住んでいたアパートは東京都北区にあるJR田端駅だといわれています。

 

この駅は映画には出てきていないのですが、陽菜の家の近くにある一本道と同じ道が田端駅にあるために判明したと言われてます。

「田端駅」への行き方について?

Sponsored Link

田端駅は東京駅からJR京浜東北・根岸線大宮行きに乗りわずか8駅で着きます。

あの独特の雰囲気を出しているのに山手線内にあったとは驚きですね。

時間にしてだいたい15分くらいで着きます。

その手軽さ故に東京に住んでいる人や東京に来た人はふらりと寄っているらしく普段は人があまりいない地域ですが、人が増えたと言われています。

なぜ田端駅を陽菜の住んでいる街にしたのか?

引用:https://smile.re-agent.info/

ではなぜ田端駅を陽菜の住んでいる街にしたのでしょう?

じつはそれは海抜に関係していると考えられています。

映画では雨が降り続けたせいで、水上バスみたいなものまで走っていましたよね。

しかし陽菜の住んでいた街は沈んではいなかったです。

 

しかしあの長い陽菜の家に続く道の左側は雨で水没していました。

これは適当にそういたのではなく、東京の海抜や標高が分かっていたのです。

 

山手線だけでもじつは標高差は36.3mつまりビル12階建て分もの高さの違いがあります。

その中でも田端駅はちょうど標高差が激しい場所にあります。

 

もし津波が来たとしても標高差がかなりある田端駅の手前で浸水しない可能性が本当に高いのです。

陽菜の家は長期的な雨でも沈まなかったが、長い坂道から見える左側の街が水没していました。

こういった立地的なものも含めて、絵になる街というのは田端駅しかなかったのだろうと考えます。

陽菜の家はあるのか?

田端駅から少し民家に入るとそこには似た家がいつくかあります。

田端駅から線路沿いのスロープを登り住宅地に入ると天気の子の世界に近い場所は見つけれるでしょう。

しかし実際にそっくりの家はありません。

映画ではものすごく込み入った感じで書かれていましたが、田端駅はそういった街ではないようです。

田端駅は天気の子の巡礼のせいで混んでいる?

天気の子で聖地になった場所はやはり人がいて写真を取ったりしています。

混雑はしていなくてもスマホでパシャパシャ写真をとっていたら雰囲気も少し下がりますよね。

田端駅でも同様らしいです。

なのでいつ行くかということも大事になります。

行くならばいつが空いてていつが混雑している?

祭日などよりは平日の午前中などがおすすめらしいです。

 

またやはり雨が降った日は人が増える傾向にあります。

 

雨が降ると雰囲気もまた映画に近いものになります。

まとめ

・陽菜の住んでいた家は田端駅の周辺にあるといわれている。(まったく一緒の家は存在しない)

・田端駅が映画のモデルになった理由の一つに田端駅の海抜の高さが要因になっていると考えられます。

・田端駅は聖地巡礼の人がよくいるので、出会いたくない人は平日の午前中がおすすめとのこと。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© みんなのスタミナNEWS! , 2019 All Rights Reserved.