「キャッツ」テイラースウィフト演じるボンバルリーナの出演時間は?キャラの特徴についても

映画「キャッツ」の中でマキャヴィティの味方についていたボンバルリーナ

その妖艶な魅力はヒロインにけして負けない魅力を持っていました。

その役を演じているのがテイラー・スウィフトです。

さすが世界のトップアイドル素晴らしい妖艶さやオーラを解き放っていました!
このページでは

・テイラー・スウィフトの出演時間ってどのくらいなのか?いつ頃登場するのか?

・演じているボンバルリーナの特徴や蒔いていた粉の正体について

お伝えしていきます。

最後までお読みいただけると光栄です。

Sponsored Link

映画「キャッツ」テイラー・スウィフトの出演時間って何分くらいなのか?

映画「キャッツ」にはテイラー・スウィフトが出演しています。

テイラー・スウィフトの出演時間は体感として15分~20分くらいです。

その内、
歌が1曲(5分~7分くらい)
セリフなどの時間が10分くらい

でした。

映画「キャッツ」テイラー・スウィフトはいつ頃登場するのか?

Sponsored Link

テイラー・スウィフトは映画の後半に登場します。

舞踏会のシーンで月の乗り物に乗って登場します。
クライマックス手前でのシーンです。

そしてクライマックスなどはボンバルリーナ(テイラー・スウィフト)はもう登場していませんでした。

また作中の中ではテイラー・スウィフトが作曲したと言われている「ビューティフル・ゴースト」を歌っているのはヴィクトリア(フランチェスカ・ヘイワード)ですが、

エンドロールで流れている「ビューティフル・ゴースト」はテイラー・スウィフトが歌っているバージョンです。

またアレンジもかなり違っていてエンドロールのほうが感動しました!

映画「キャッツ」テイラー・スウィフトの評判や評価

テイラー・スウィフトが可愛かったという評判がほとんどでした。

映画事態が批判の的にされている中でこの評価というのは尋常では無いはずです!!

なのでテイラー・スウィフトを見たいというファンの方は間違いなく必見ですね!!

映画「キャッツ」テイラー・スウィフトが演じている役ボンバルリーナの特徴

ボンバルリーナは映画「キャッツ」で悪女として登場しています。

危ないメス猫です!

(個人的にはルパン三世のフジコと被っている印象を持ちました。)

魅惑的な雰囲気や妖艶な雰囲気があります。

「強い人が好き」といった女性の猫バージョンです。

なので強気な感じもして女王猫と言えるでしょう。

映画「キャッツ」ボンバルリーナが蒔いていた粉とは?

https://twitter.com/harrycharlie10/status/1221055275144138752

映画「キャッツ」ではボンバルリーナは月の乗り物に乗って登場しました。

その時にボンバルリーナは何か粉みたいなのを降って蒔いていました

これは一体何だったかと言うと考察になりますが、

このシーンの後、他の猫達は倒れてしまいます。
しかし意識はあり、その後も死んではいません。

それを踏まえると睡眠薬でも毒薬でもなく「痺れ薬」だと考えられます。

ちなみにマンゴジェリーも同じものを蒔いていましたね!

まとめ

・映画「キャッツ」でテイラー・スウィフトが演じている役はボンバルリーナという妖艶なキャラクターです。

・テイラー・スウィフトの出演時間は15分~20分くらいでした。そのうち歌が1曲、あとはセリフのシーンです。

・テイラー・スウィフトが作曲した「ビューティフル・ゴースト」は作中の中ではヴィクトリア(フランチェスカ・ヘイワード)が歌います。
しかしエンドロールで流れている「ビューティフル・ゴースト」はテイラー・スウィフトが歌っているバージョンです。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました