「仮面病棟」いつ・川崎瞳がピエロの仲間(犯人)と気づけたのか!台詞に注目!

コロナウィルスが蔓延しているのに映画「仮面病棟」は人気です!

コロナウィルスがなければこの映画はもっとヒットしていたのは間違いないですね!!

ミステリー映画は犯人をラストまでに気づくのが醍醐味ですが、
この「仮面病棟」でもある発言が川崎瞳(永野芽郁)がピエロの仲間だと気づくきっかけになっていました。

このページではどんな発言がピエロと川崎が仲間だった事を証明しているのかについて説明していきます。

最後までお読みいただけると光栄です。

「仮面病棟」川崎瞳はピエロの仲間だった

映画「仮面病棟」では川崎瞳が怪我をして手術するという所からすでにおかしな点に速水は気づき始めてました。

例えば
なぜ犯人は女(川崎瞳)を手術しろと強く言うのか?

なぜ手術室は準備が整っていたのか?

など速水はおかしいと感じながらも手術をして川崎瞳を助けます。

そして何とかこの女性だけは助けようとします。
しかし速水は気づきませんでした。

川崎がピエロの仲間だということに・・
しかし本編を見ていればあるタイミングでピエロとか沢崎がつながっていることに気づいた人も多いと思います。

川崎瞳がピエロの仲間だと言える発言

Sponsored Link

まずピエロは5階の院長室と資料室を襲っていました。

明らかに金目のもの以上のなにかを探した形跡がありました。

そもそも金目当てなら

コンビニ→病院

という流れは変ですので、

他に何か秘密を探しているんだろうなとは読み取れます。

そして院長室を調べていた速水たちは院長室から出てきたのが東野良子(江口のり子)にバレてしまいます。

そして院長室に連れて行かれます。

そこで院長室をぐちゃぐちゃにしたのは速水のせいだと

されてピエロと仲間扱いされます。

しかしピエロが来て、速水とは関係ないと言います。

(ここもやけに素直な犯人だなと感じがしましたね。)

さらにピエロは院長に金を出せといいます。
金を出した院長に「他にもあるだろ!」とって何度も院長を蹴ります。

この後が気づきポイントでした。

川崎が「先生お願い止めて!何でもするから!」

というセリフを言います。
このセリフは一旦は速水に言ったもののように感じますが、速水はこの時何もしていません。

では院長かというと院長はボコボコ抵抗もせずにされて

いるだけです。

ではこの川崎の「先生止めて!」と大声で言っているのが誰にむけてのセリフだったのか??

とう疑問が湧きます。

残っているのはピエロだけでした。

つまり先生=ピエロ

ということになり、また

ピエロ=川崎の仲間

となります。

このタイミングでおかしいと気づいた人が割りといたようです。

ピエロの中身は先生だと気づいて引っかかるように作られていた!?

ピエロの中身が先生だということは川崎の発言でつかめたとしても多くの人がひっかかったのは

どの先生かということだったでしょう。

他に医者として登場しているのは小堺司。
しかも妹を速水の運転によって亡くしています。
なので動機はバッチリでした。

こうして多くの人がピエロの中身は小堺だと引っかかっていたようです。

私も完全に騙されていました。疑いながら見ていると悟った感じになってしまいますね!

小堺先生が犯人だと騙されていた人達

 

この落とし穴にはまった人もいればいない人もいますが、まちがいなくわざとそれとなく気づかせようとしていたのではないでしょうか

まとめ

・川崎瞳がピエロの仲間だという事に気づくのは院長室での川崎の思いも寄らない一言で気づくことができます。

しかし多くの人がその後間違え犯人は泌尿器科小堺先生だと悟っているようです。
動機も十分にありますからね。

そういうことを含めてよくできた映画だと感じました。
わざと気づかせて手玉に取った感じが悔しかったです。

最後までお読みただきましてありがとうございました!

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました