あれもこれもそれもみんな知りたい!

「アナ雪2」氷になったエルサの体を溶かしたのは誰?原因や理由についても

2019/11/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「アナ雪2」が公開から3日間で興業収入が20億円弱になったことが話題です!

これは新記録らしく、この歴史は当分塗り替えられることはないでしょう!

そんな「アナ雪2」ですが、今作は前作に比べて内容に謎が沢山散りばめられています。

このページではその中の一つ、エルサがなぜ氷から溶けたのか?

について考察を元にお伝えしてきます!

最後までお読みいただけると幸栄です。

※この記事はネタバレ記事になります。

Sponsored Link

「アナ雪2」でエルサは体が凍ったことについて

映画「アナ雪1」ではアナがラストシーンで体が凍ってしまいましたが、「アナ雪2」ではエルサの体が凍ってしまいました。

この凍った理由については本編では明かされていませんが、

祖父のした愛の無い行動によってエルサの心は凍り、同時に体も凍ってしまったという理由が一番可能性としては高いでしょう。

エルサは第5の精霊なので、愛といったものに敏感だとしても納得がいきます。

体が凍ったエルサを溶かした理由や原因は何?

Sponsored Link

エルサは祖父の罪を知ったときから体が凍り始めて、アナに手を伸ばしたその体制で完全に凍ってしまいました。

そして、映画はアナのシーンに移動しています。

そしてアナはノーサルドラ人のためにアレンデールが潰れることも覚悟でダムを壊しました。

ダムの水はアデンデールの向かってものすごい勢いで流れていきました。

そしてその直前でなんとエルサが登場して、氷で壁を作って、アレンデールをダムの水から守りました。

この一連の流れからエルサの凍ったからだを溶かした理由はアナにあることがわかります。

では一体、アナの何がエルサの凍った体と心を溶かしてくれたのかというと、それはアナの愛でした。

その愛は自分の利益などを考えない無償の愛だったのでは無いかと考えています。

エルサの祖父は自身の利益やアレンデールのために他人を傷つける事をしたのに対してアナはまったく逆の事をしています。

それが結果としてエルサの凍った体を溶かしてくれた原因になっていると考えられます。

「アナ雪」では愛が氷を溶かすカギ

「アナ雪1」でもエルサの愛が凍ったアナの体を溶かしました。

そして、エルサはアレンデールに向けて愛を注ぎ、国を夏にしました。

そして「アナ雪2」ではエルサの体が凍ってしまったのを溶かしたのはアナの愛でした。

アナ雪シリーズでは愛が氷を溶かすという設定があるようですね!

もし「アナ雪3」が公開されても、このことを知っていれば、混乱する事なく楽しむことができますね!

まとめ

・エルサの体が氷から溶けたのは、アナのノーサルドラ人に向けた無償の愛やエルサに向けられた愛でエルサの心に火をともして同時にエルサの凍った体を溶かしてくれたのでしょう。

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© みんなのスタミナNEWS! , 2019 All Rights Reserved.