映画「オーバーエベレスト」つまらない・面白くない評判や評価感想について

 

11月15日に公開される映画「オーバーエベレスト」が注目されています!

プロデューサーにはレッドクリフシリーズを手掛けたテレンス・チャン

そして主演には役所広司さん
ヒロインは中国でトップ女優の一人ともいわれているチャン・ジンチュー

これだけ豪華な作品は数ある映画の中でも珍しいくらいです。

しかし映画の内容に関しては正直あまり評判は良くない意見が目立ちました。

このページではそういった意見をまとめて整理してお伝えしていきます。

最後までお読みいただけると幸栄です。

映画「オーバーエベレスト」ってどんな映画?

映画「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」本予告(60秒)11/15全国公開!

映画「オーバーエベレスト」はヒマヤラ・エベレストが舞台になっている映画です。

主人公のハン(役所広司)はエベレストでの救援チームのリーダーです。

そんな彼とチームのメンバーたちは日々ヒマラヤの安全のために奮闘していました。

しかし、ある日ヒマラヤ平和に関する会議が行われる前日に飛行機がエベレストに墜落します。

墜落した飛行機には重要な機密文章が入っていました。

そしてこの機密文章は戦争の引き金にもなるくらい大事な文章でした。

この機密文章をめぐって多く人意見や思惑を深く交差する物語です。

映画「オーバーエベレスト」がつまらない・面白くないと評判

Sponsored Link

映画お「オーバーエベレスト」でつまらない・面白くないと言われいる意見には次のようなものがありました。

・雪山で無謀な行動を取ろうとしているヒロインが現実離れすぎ

・雪山にダイビングするとかありえなくて違和感

・とにかく派手なだけの作品

といった感想が上がっています。

一つ一つ補足していきます。

雪山で無謀な行動を取ろうとしているヒロインが現実離れすぎ

雪山がヒロインの女性のホームグラウンドだとしてもなんか雪山を甘く見すぎている感じがします。

映画の中で浮いている感じがします。

雪山にダイビングするとかありえなくて拍子抜け

 

この作品はアクション映画としての側面も持っています。

機密文章という謎を追うサウペンス映画でもあり、アクション映画でもある。

エベレストで喧嘩してど付き合いとか酸素的に無理でしょ!

っていうツッコミを入れたくなります。

ましてや雪山でダイビングとはもう「???・・・・・」

というのが正直な感想でした。

現実離れしすぎている感じがします。

派手なだけの作品

中国の映画は日本の映画よりもスケールが大きくなりがちです。

それはやはり資金面だったり、大陸の文化などの理由が考えられますが、もう少しきめ細やかな主人公たちの心情を描いてほしかったと思います。

この作品はラストがアメリカ映画みたいなハッピーエンドではない分、そういった繊細なところも映画いてほしかったと感じました。

みんなの意見や評価

やはりCGの粗さは多くの人が指摘していました。

スタジオとロケ地での撮影の差に気づいていしまうらしいです。そうなるとやはり楽しめなくなるそうです。

 

また現実的にエベレストでな酸素ボンベナシの殴り合いとかバーチャルな感じがするのは嫌といった意見や、役所広司さんの演技の安定感の高さなどが話題になっていました。

まとめ

・映画「オーバーエベレスト」はつまらないといった意見が公開初日から出ています。

・傾向としてこの映画はサスペンスではなく、現実感のないアクション映画として見に行ったほうが楽しめると思います。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました