あれもこれもそれもみんな知りたい!

映画50回目のファーストキスの洋画と邦画に違いはあるのか?比較してみた!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

山田孝之長澤まさみ主演の「50回目のファストキス」が凄い人気ですね!!

この作品は原作はハリウッドの作品でそれを同じタイトルでリメイクしたものになっています。

しかしどうしても日本版では設定に無理があるために変更した部分などがあります。

この記事ではそうした変更した部分をまとめてみました。
最後までお読みいただけると光栄です。

Sponsored Link

映画50回目のファーストキスの洋画と邦画に違いはあるのか?

映画「50回目のファーストキス」洋画が原作になっていてそれを日本がリメイクした形になっています。

なので結末などは同じ結末です。

しかし全く同じではありません。

その違いの中でも大きく違うポイントか下記のとおりです。

主人公の仕事内容や設定

別れのシーンでの違い

ビデオテープの製作者

DVDを見ている場所の舞台設定

それぞれ説明していきます。

主人公の仕事の違いについて

Sponsored Link

主人公は

洋画:ヘンリーという名前で、職業は水族館の獣医

邦画:弓削大輔という名前でハワイでツアーガイドをしているアルバイト

日本版では天体の勉強のためにハワイに来ていることになっています。

確かに邦画で日本人がハワイで獣医をしていたら何か変な感じですよね。

しかし主人公の一夜限りの恋愛癖の原因になっている過去のトラウマについては同じ内容です。

別れのシーンの違いについて

映画のストーリーでは女性のほうから別れを切り出しています。

理由としては洋画も邦画も、女性は一日で記憶がなくなってしまう為に、相手の男性を幸せになんてできないということと

男性の夢を邪魔しているという事に2つです、

ココまでは洋画、邦画とともに内容は一緒ですが、
男性の夢に内容が違います。

洋画:アラスカにセイウチの生体調査を市に行くこと。

邦画:、天体の研究成果が評価されて、立派な研究者になること。

ビデオテープの違いについて

記憶を1日で失ってしまうためにヒロインの女性は毎朝ビデオを見て、自分を知るという事をし始めます。

ここでも違いがあります。

それは、

洋画:そのビデオは彼氏から、ユリの花と一緒にプレゼント。

邦画:女性が自分に対してプレゼントという形で用意。

ユリの花は邦画でもヒロインの女性が大好きというのは代わりありません。

ラストシーンの違いについて

https://twitter.com/wowow_movie/status/1100953759847333888

ラストシーンも洋画と邦画では違います。

朝ヒロインの女性が目覚めるてDVDを見るとヒロインの女性は自分は記憶に障害をもっているということに気づきますが、周りの人だったり、かつての自分からのメッセージをみて立ち直ります。

この時、舞台に違いがあります。

洋画:窓から外を覗くとそこはアラスカの船の上だった

邦画:外に出て見ると展望台がありおそらくそこはワシントンの研究所だと考えられます。

まとめ

・50回目のファーストキスの洋画と邦画では違いがあります。それは日本人が演じる上でどうしてもそのまま洋画の設定でやっていますと変になってしまうから所以のことです。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© みんなのスタミナNEWS! , 2019 All Rights Reserved.