アニメ「トクナナ」は面白い・面白くない?つまらないという評判は本当なのか?

2019年の秋アニメの中でもオリジナルアニメとして注目されている

『警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 』

通称「トクナナ」

このアニメは予告や声優陣が放送前から話題になっていました。

しかし始まってみると、
「面白くない・・・」

「つまらない・・・」

といった意見も出てきてます。

面白い理由だけではなく

なぜ面白くないのか?

なぜつまらないのか?

についてコメントをもとにまとめてみました。

最後までお読みいただけると幸栄です。

Sponsored Link

アニメ「トクナナ」面白い・面白くないというコメント

などと意見はさまざまです。

面白い・面白くないという2つに分けてまとめてみました。

アニメ「トクナナ」面白いという理由について

https://twitter.com/_iid6/status/1183718618141380610
Sponsored Link

面白いと言っている人のコメントはだいたい以下のような理由に分けることができます。

・刑事モノが大好き

・一之瀬(カリスマ)のキャラクターがカッコいい

・ベルメール・サンクが可愛い

・作画が好き

といった理由に分かれていました。

一つづ補足していきます。

刑事モノが大好き

まず一番多かったのはやはり、刑事もののアニメは人気が高いです。

アニメ関わらず、ドラマもですが、内容はちょっとイマイチだとしてもやはり需要がかなりあるようです。

なのでとりあえず前半戦は期待値が高くて見てもらえるといった感じになると想像します。

なので後半でどうなるかが気になります。

一之瀬(カリスマ)のキャラクターがカッコいい

刑事モノや、ミステリーモノには必ず一人はいる”頭のキレるキャラ”

それがこの「トクナナ」だと一之瀬になります。

なので、こういったクールで頭のキレるキャラが好きな人は「トクナナ」でも一之瀬を評価していると考えれます。

一之瀬は他のアニメの”頭のキレるキャラ”とどういうふうに違いを出していくのか今後が楽しみです。

ベルメール・サンクが可愛い

ベルメール・サンクのキャラクターが可愛いという意見とベルメール・サンクの声優を担当してる小澤亜李が好きという意見と両方がありました。

主要メンバーですが後方支援なので出番は多くはないかもしれないのが残念です。

作画が好き

やはり作画がダサかったり、お金を変えていないものって見ていてそれだけでストレスになるものもありますよね。

作画が良いというのは大事なポイントですね。

アニメ「トクナナ」つまらない・面白くない理由について

https://twitter.com/yasutama118/status/1183400789298933760

アニメ「トクナナ」がつまらない・面白くないという意見もありました。

意見をまとめると

・ストーリーがつまらない

・コメディなのか硬派なのかどっちつかずな感じがする

・主人公が暑苦しい

といった意見が多数を締めていました。

一つづつ補足していきます。

ストーリーがつまらない

やはり刑事ものは需要があるだけに視聴者も目が濃いているようです。

刑事モノって大抵の人は一年に最低一度は見ているのではないでしょうか?

つまり最低、年の数だけ見ているということなので、当然期待値も他のジャンルより高くなります。

コメディなのか硬派なのかどっちかわからない

「トクナナ」はけっこう主人公だけに限らずツッコミどころがあるアニメです。

なので硬派なシリアスな感じを期待している人にとっては、軽い明るい刑事モノのアニメに受け取られてしまいがちです。

 

主人公が暑苦しい

主人幸がジャンプのキャラのように暑苦しくなっているというコメントもありました。

確かに主人公はある程度、熱量がないと大衆受けはしないと考えられますが、見ている人にとっては暑苦しく感じている人もいるようです。

まとめ

・アニメ「トクナナ」は面白い・つまらあいの両方の意見がでています。

傾向としては硬派な内容を期待していた人がつまらないと感じていると考えれます。

なので、正義もの、ヒーローものを期待している人にとっては十分楽しめる内容ではないかと考えれます。

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました