「歌舞伎町シャーロック」主人公のシャーロックが落語で推理する理由とは?性格や兄弟についても

秋アニメも中盤に入り続々と面白い作品とつまらない作品にわかれてきました!!

そのなかでも「歌舞伎町シャロック」は人気好調です!

ストーリーやキャラクターもどんどん展開してて毎回見過したくないですよね。

今回気になるのは、どうしてシャーロックは落語で推理しているのか?

このページではシャーロックの性格や特徴、そして落語についてお伝えしてきます。

最後までお読みいただけると幸栄です。

歌舞伎町シャーロックのシャーロックは何故落語で推理するのか?

シャーロックはもとは落語家を目指していたことをジェームズ・モリアーティが第4話で言っています。

ジェームズ・モリアーティがシャーロックに初めてあった時もシャーロックは公園で一人で落語の練習をしていたそうです。

シャーロックは落語家目指していたが、お師匠さんからは見切りつけられたとのこと。

しかし今も一応諦めてはいないようです。

なので、落語と探偵と自身の中で両立させて今のスタイルになっているのでしょう。

シャーロックの性格や特徴

Sponsored Link

シャーロックは探偵長屋で探偵業を営んでいる探偵の一人です。

探偵長屋に出入りしている探偵の中でも推理力はピカイチです。

頭がすごくキレるのが特徴一瞬の間に小さな手がかりを元に犯人を割り出してしまいます。

ジェームズ・モリアーティとの中は本人は知人といっていますが、実はとても馬があうようです。

欠点は偏食です。
アニメの中でもピラフにみかんの缶詰を入れたりして食べるという誰もできないような食べ方をしています。

天才はいつの時代も奇妙な特徴をもっているものですが、シャーロックもまさにそのタイプなのでしょうね。

シャーロックには兄弟の兄がいる?

シャーロックには兄弟の兄がいます。

名前はマイクロフト・ホームズ

第7話で依頼人として登場しています。

マイフロフト・ホームズの職業は新宿區長の第一秘書官です。

相当あたまがキレるのは兄弟同じですが、頭の使い方が違うようです。シャーロックは探偵として、マイクロフトはビジネスマンとして活躍しています。

ちなみにマイクロフト・ホームズが持ち込んだ案件は新宿区長、セバスチャン・モランの秘密が記録されているUSBメモリです。

これを取り返すために来ました。報酬額は1500万円という膨大な額と、シャーロックが大好きな落語カードでした。

まとめ

・シャーロックが落語で推理をしだした理由はもとは落語家をめざしていたが、お師匠様に見切りをつけられて、夢に破れたため。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました