あれもこれもそれもみんな知りたい!

パズーが作ってあげたラピュタパンのシーンはいつどこ?美味しい食べ方についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「天空の城ラピュタ」は宮崎監督のジブリシリーズの中でも1~2を争うほどの人気作品です。

人気の理由はやはり雲の上にある城を目指すというロマンだと言われていますが、

そのラピュタにはたくさんの有名なシーンがあります。

今回はその中でもラピュタパンのシーンを説明します。

ラピュタパンとは何なのか?

そのシーンは何分頃なのか?

ラピュタパンとは

ラピュタパンとは「天空の城ラピュタ」でパズーがシータに作ってあげた料理です。

 

とてもシンプルで食パンの上に目玉焼きを載せただけの料理です。

食パンは映画では穀物パンか玄米パンだと考えられます。

この料理がネットで人気となり、ラピュタで出てきた料理ということでラピュタパンと言われています。

ラピュタパンが出て来るシーンはいつ?

Sponsored Link

ラピュタパンが出てくるシーンが、かなり序盤です。

 

まだパズー達がドーラと手を組むもっと前です。
二人はドーラから追われて鉱山に隠れるシーンがあります。

その鉱山の中で歩く疲れた二人は休憩をとることにします。

パズー「はい!」

シータ「わぁ、嬉しい!お腹ペコペコだったの。」

パズー「あとリンゴが一こに飴玉が2つ」

という台詞のシーンです。

ラピュタパンが登場するのは何分ころ?

ラピュタパンが出てくるシーンの
時間は開始から28分目くらいです。

そのシーンはとても短く時間にして2分くらいです。

しかしそのシーンからシータの故郷の回想の話につながるのでとても大事なシーンです。

 

ラピュタパンが人気理由とは?

ラピュタパンは人気の理由は2つあると考えられます。

理由①二人がとても美味しそうに食べてから。

二人はとても美味しそうにラピュタパンを食べています。

あのシーンを見ていると実際に作ってみようという気持ちになります。

実際それをみてパンを買いに行った人もいるそう・・・

 

理由②その食べているシーンから故郷の話になるから

ラピュタパンを食べながら故郷のシーンに入っていきます。

つまり、かなり印象に残るシーンです。
その素晴らしいシーンに登場していたものは同時に素晴らしく感じてしまう錯覚が心理的に起こりやすいです。

 

なのでラピュタパンにもそういった効果が働いたたとも考えられます。

ラピュタパンの美味しい食べ方とは?

ラピュタパンは食パンに目玉焼きの半熟をのせたとてもシンプルな料理です。

なのでいろいろとバリエーションがあります。

中でも一番おいしそうなのが、

パンに目玉焼きの半熟をのせてその下にベーコンをのせるというバージョンです。

 

他にも目玉焼きにブラックペッパーをかけたり、

マヨネーズは、バター、チーズをのせたりと色々と

好みに合わせてつくることができます。

ネットでも評判

これが一番シンプルなラピュタパンです。

コチラが人気のラピュタパンにベーコンを載せたやつです。

 

こちらはラピュタパンにマヨネーズを加えたものです。

https://twitter.com/yowayowananoda/status/1151233072693596165

こちらはバターで両面を焼いたラピュタパンです。

まとめ

・ラピュタパンは天空の城ラピュタでパズーが作った目玉焼きにを食パンに乗せた料理のこと。

・ラピュタパンは色々なバリエーションがある。

・ラピュタパンが出てくるシーンは映画が始まって28分ころ。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© みんなのスタミナNEWS! , 2019 All Rights Reserved.