「ランウェイで笑って」千雪のパリ行きの結果は?結末や帰国後についても

千雪はパリの渡仏費用の45万円をバイトしながら2年かかってためました。
理由はファッション・ウィークのためでした。

このページでは千雪がパリに行った結末や理由をネタバレでまとめました.

 

最後までお読みいただけると幸栄です。

Sponsored Link

「ランウエイで笑って」千雪がパリに行った理由

千雪は2年間かけて、45万円という金額を貯めてきました。

忙しいながらもバイトし続けてなんとか貯めた額です。

特に千雪の場合は美容などにかなり使っていたらしいです。

パリではある時期にファッション・ウィークというのがあります。

これはパリは当然ミラノでも誰でも受けれるオーデションが多い時期のことです。

日本で無名の千雪にとって、これはチャンスになると考えたのです。

そこではデザイナーに認められれば、素人だって出られる舞台があります。

オーデションの内容は10mくらいの距離をデザイナーの前でただ歩くというだけです。

「ランウエイで笑って」千雪のパリでの成果や結果

Sponsored Link

千雪のパリでのオーデションの結果は散々なものでした。

オーデションは10mくらいの距離を歩くだけなのに、それすら歩かせてもらえませんでした。

千雪はパリが甘くないことは知っていました。

そこでも大事なのは身長だからです。

千雪の身長158cmは海外ではさらに小さく見られます。

しかしむちゃだけは分かっていたけど、行かないと無茶をどうにかする方法はわからなかったそうです。

しかしパリでは
「あなたがモデルだって言うのなら、フランスでは小学生でもトップモデルね」

とまで言われています。

しかし、一社も受付で断られてしまうとは思ってもいませんでした。

「ランウエイで笑って」千雪がパリから帰ってきた今後

そして千雪は流石に失意のどん底にいました。

現場からも、実の父からも、憧れの人からも一度見放されました。

そんな失意のどん底にいる時に育人が「モデルをやってほしい」と声をかけてくれます。

この時、千雪は育人の言葉に救われました。

育人は学園祭の予選を通過して本選に出場が決まったタイミングでした。

そして千雪は育人の誘いに乗って育人の学園祭でモデルを務めることになります。

しかし、育人が作った服はすべて、千雪のサイズにはされていませんでした。

なので育人は千雪の採寸から始めることになり
作った服のサイズを千雪様に合わせることになります。

まとめ

・千雪はパリの2年かけて費用をためました。
そして万全を期してパリにファッション・ウィークの時期を狙って渡仏します。

・千雪はオーデションでは受付で門前払いをされてしまいます。
その原因はここでも身長でした。

・失意のどん底にいる千雪に育人は自身のショーのモデルをやってもらいたいともちかけます。

合わせて読みたい!

アニメ「ランウェイで笑って」育人と千雪・心との結末は?恋愛関係を考察

「ランウェイで笑って」学園祭の優勝者は?結果や結末について

「ランウェイで笑って」ヒロイン千雪の性格や特徴は?育人を好きなのかについても

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました