アニメ「ペット(pet)」桂木の正体は?ヒロキや司を恐れている理由についても!

アニメ「pet」は三宅乱丈による漫画です。

2003年より連載がスタートして2009年にリマスター版が発刊されて今回アニメ化が決定されました!!

この作品は人の記憶を操作するというとても難解なテーマを取り扱っています。

このぺージではアニメの中のヒロキや司に仕事を回している桂木(かつらぎ)についてお伝えしていきます。

最後までお読みいただける幸栄です。

Sponsored Link

アニメ「pet」桂木(かつらぎ)ってどんな奴なのか?

桂木はいつもスーツでメガネをかけて、髪型がオールバックの男です。

桂木は会社(中国系のマフィアの呼び名)に所属している社員です。

桂木の会社の仕事は都合の悪い人間の記憶を書き換えて行くことや、記憶の書き換えの依頼などです。
会社の幹部や社長は自ら潰し屋に会うことはほとんどありません。

彼らは潰し屋はいかに恐ろしいことか知っているからです。

そこで桂木を間に噛ましています。

桂木(かつらぎ)の性格

Sponsored Link

桂木の性格は乱暴、横暴、見栄っ張りです。

けして他人に好かれるような性格ではありません。

タバコを常に吸っているヘビースモーカーで、いつもイライラしています。

また金に関することにはとてもケチです。タバコの自動販売機でお釣りが出なかっただけで怒鳴りつけるようなタイプです。

桂木(かつらぎ)の素性

桂木の素性は貧しい家庭で育っています。
その記憶に関して又さのおじさんこと林が一枚噛んでいます。

アニメ「pet」桂木は他人の記憶に入ることができる

桂木は他人の記憶に入ることが出来ます。

しかしイメージは持っていません。
桂木はかつて、サトルが潰し屋として使える人材だと分かった時にサトルの両親を死に追いやっています。

そして祖母の記憶を塗り替えています。

この時は催眠術のようなやり方で記憶を変えています。

桂木とヒロキや司との能力の違いについて

桂木とヒロキや司との能力の違いはイメージを持っているかどうかです。

イメージを持っている司やヒロキは記憶を作ることができません。

なので他人に記憶のヤマを分けてもらっています。
それに対して、桂木は記憶をつくることが出来ます。

桂木はいわば、催眠術師のようなものです。
他人の記憶に入って記憶を操作することはでき、自らも記憶を普通の人と同じように作っていくことができます。

アニメ「pet」桂木と林との関係について

桂木と林は昔から共に動いていました。

サトルを誘拐したときも桂木と林はセットで動いています。

上下関係に関しては、桂木は林の能力を恐れています。

潰し屋は相手の記憶を塗り替えれるという術を持っているからです。

しかし桂木は林に指示を出しているので、桂木のほうが立場は上でしょう。

アニメ「pet」桂木は司(つかさ)の部下だった!

桂木は実は司の部下だと判明しています。

司が桂木の前で嘘を演じているのは、ヒロキがいるからです。

ヒロキがいない場面では司は桂木に指示を出しています。

桂木は司を上司として仰いていますし、恐れています。

桂木が司やヒロキを恐れている理由

桂木がヒロキと司を恐れている理由は記憶を書き換えられていしまう可能性がいついかなる時もあるからです。

司は桂木の上司ということもありますが、ヒロキなどは桂木の上司ではありません。

しかし、つぶし屋にとって記憶の改善は簡単で、一瞬相手の顕在意識の間をつけば、潜在意識に入り込めます。

するともう抵抗はできないからです。

なので桂木はヒロキが怒ると恐れるのです。

アニメ「pet」桂木のヤマとタニについて

桂木のヤマとタニに関しては現在調べています。
分かり次第追記していきます。

まとめ

・桂木は会社の社員で、司の部下にあたります。性格は乱暴、横暴、見栄っ張りです。

・桂木は他人の記憶を書き換えることができます。しかしこの能力は潰し屋の能力とは違い、催眠術のようなものです。

なので桂木は自身の記憶を作ることができます。

合わせて読みたい!

アニメ「pet(ペット)」林の正体やヤマ親について!またさのおじちゃんの由来についても

アニメ「pet(ペット)」サトルの性格や生い立ちは?ヤマ親についても!

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました