「波と聞いてくれ」甲本龍丞の性格や特徴は?瑞穂との関係についても!

「波よ聞いてくれ」は沙村広明先生が2014年から連載しているマンガです。

過去には
マンガ大賞2016年で6位に入賞
マンガ大賞2017年では5位に入賞

ほかにも沢山の賞を取っている作品です。

このページではそんな「波よ聞いてくれ」のキャラクターの一人、甲本についてまとめました。

最後までお読みいただけると光栄です。

Sponsored Link

「波よ聞いてくれ」甲本について

引用元:https://namiyo-anime.com/

名前:甲本龍丞(こうもとりゅうすけ)

年齢:不明

婚歴:無し(独身)

血液型:不明

「波よ聞いてくれ」の登場している甲本は出番は少ないですが、その少ない出番に需要な役割をしています。

甲本の性格や特徴

甲本は一見無愛想に見えますが、生まれ持った気質なのでしょう。

本人は怒っているわけでもなく普通にしているようですが、ちょっと近寄りがたい雰囲気が出てしまうようです。

甲本はバイクが好きでバイク通勤をしています。

甲本の仕事っぷりが凄い

Sponsored Link

甲本の仕事っぷりは素晴らしく周りからの信頼されています。

かつてミナレの仕事先のボイジャーの店長の甥っ子からラップの音源を渡されてこれをラジオで流してと言われていました。

そして甲本がそれをチェックした時、そのラップに高温で小さな音量で、サブリミナルのような音源が入っていることを突き止めています。

またミナレと瑞穂が監禁された時、久連木から届いたテープを聞いてそれがヘルプコールだと突き止めています。

出番は多くはないですがストーリーの大事な場面によく登場しています。

「波よ聞いてくれ」甲本と瑞穂の関係について

甲本は瑞穂に思いを寄せています。

一時期は甲本はバイクで瑞穂を家まで送っていって上げていたりしまいた。

一度ミナレが家の鍵を持ったままでかけてしまい瑞穂が部屋に入れないということがありました。
この時瑞穂と甲本は神社で時間を潰すことにしました。

この時、甲本は瑞穂にキスをしようとして失敗しています。

それ依頼、甲本と瑞穂の関係性は微妙で、バイクにも乗ることはなくなりました。

甲本は瑞穂が元気がないことを心配してミナレに相談したときにその件を打ち明けています。

しかしミナレからおちょくられています。

引用元:「波よ聞いてくれ」単行本4巻より

甲本の瑞穂を思う気持ちは凄い!

https://twitter.com/3WWsSEzqeu9MBZH/status/1244241014870536199

瑞穂達は取材で出張した時「波のの智慧派」という宗教集団に捕まっていました。

そこで瑞穂達は脱出するために一度入教することにします。

しかし入教したからには「波の智慧派」の人間と子供を作らなくてはいけないと迫られます。

そして瑞穂の叫び声は甲本に届きました。

甲本はガラスを蹴破り瑞穂を助けに施設の中で暴れています。

引用元:単行本「波よ聞いてくれ」第6巻

まさに愛する女のためなら命を掛けていると言えます。

ここまでしてもらったら誰でも惚れそうですが、瑞穂は甲本にそれでも惚れていませんでした。

まとめ

・甲本は雰囲気はぶっきらぼうに見えますが仕事は真面目です。また仕事の腕もよく周りからも信頼されています

・甲本は瑞穂に片思いしています。
しかし神社でキスを迫って断られたことで、気まずい雰囲気があります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました