「波よ聞いてくれ」南波瑞穂が可愛い!性格や恋愛についても!

THE BEST MANGA 2016 このマンガを読め!で3位
マンガ大賞2017で5位

を受賞した作品「波よ聞いてくれ」!

この漫画には様々なキャラの濃い人物がでていますが
そんな中びっくりするくらい普通なのが

南波瑞穂です。

それでも南波瑞穂がいるからミナレはラジオ局でやっていれるというくらい、知識的サポートしたり、ご飯を作ってあげたりと登場回数はかなり多いです。

このページではそんな南波瑞穂についてまとめました。

最後までお読みいただけると光栄です。

Sponsored Link

「波よ聞いてくれ」南波瑞穂について

引用元:https://youtu.be/

南波瑞穂はMRSのアシスタントディレクターとして活躍しています。

物語に彩りを加えてくれるキャラクターです。
南波瑞穂について画像たっぷりでご紹介していきます。

南波瑞穂の性格

引用元:https://namiyo-anime.com

南波瑞穂は周りがびっくりするくらい几帳面な性格です。
スーパーで買ってきたお惣菜もトレイからお皿に盛り直したり、カメの飼育方法のメモにはびっしりとカメの特性や好みについて書いていたりしています。

またとても面倒見がよいタイプで
ミナレを居候させているにも関わらず、食事を作って阿あげたり仕事の相談に乗ってあげたりしています。

しかし、瑞穂は昔から
「優しいね」

「気が利くね」

「キチンとしてるね」
などばかり言われてきました。

それを自身は取り柄がないからそんなことばかり言われるのだろうと受け止めているようです。

また自分では何かできるタイプではないようです。
そういった瑞穂だからミナレのような人間に憧れてしまうのです。

またストレスが一定以上たまると瑞穂は一心不乱に包丁を研ぎ出す習慣があります。

南波瑞穂の夢

Sponsored Link

瑞穂は茅代まどかがミナレを呼び出して焼きを入れたその晩に決心したことがあります。

2年以内にチーフディレクターになること
そしてメインDJ鼓田ミナレ・構成作家に久連木克三(くれこかつみ)の最強の布陣をつくること

しかしその矢先に久連木克三の退職の噂を聞きます。

南波瑞穂がラジオ局を目指した理由

瑞穂が高校生の3年の時、就職希望者向けの講演会がありました。

そこでたまたま臨時に講師として登場したのが若かりし日の久連木克三(くれこかつみ)でした。

久連木は淡々と、いかにラジオ業界がつまらなく斜陽産業であるかを語りました。

しかし瑞穂にとってそれは衝撃な出来事でした。
瑞穂が大好きだったラジオ番組を作っていたのが久連木だったからです。

そしてその出会いがきっかけになって瑞穂はラジオ局を目指すことになりました。

南波瑞穂は可愛いと人気なキャラ

南波瑞穂は「波よ聞いてくれ」で
人気キャラです。
Twitterでも評判はとても良いです。その一部をご紹介します。

https://twitter.com/ursk420/status/699188670713073664

とかなりコメントに「可愛い」と言われています。

アニメでそのイメージがより鮮明になると嬉しいですね!

「波よ聞いてくれ」南波瑞穂の恋愛について

瑞穂は可愛い外見と女性らしい性格なのに未だに一度も彼氏がいません。

そんな瑞穂の恋愛について解説していきます。

南波瑞穂は処女?

引用元:単行本「波よ聞いてくれ」

瑞穂はミナレから処女といじられています。

素敵な恋人ができるといいですね!

南波瑞穂と茅代まどかの関係について

南波瑞穂は茅代まどかのことになると表情が曇ります。

ミナレもそれには最初から気づいていました。

理由は久連木克三(くれこかつみ)です。
久連木克三(くれこかつみ)は
茅代まどかのことがどうやら好きだと思われます。

それを知っているから茅代まどかのことが話題になると表情が曇るのでしょう。

つまり三角関係ですね。

南波瑞穂と甲本の関係

引用元:https://namiyo-anime.com/

甲本はラジオ局でミキサーの仕事をしてます。愛想はないですが、仕事には手を抜かないタイプです。

甲本は瑞穂のことが好きです。
以前はバイクで瑞穂を家まで送っていったあげていました。
しかしある時、神社で休憩しているときにキスをしようと避けられてしまいました。
それっきり、瑞穂は甲本のバイクには乗らなくなってしまったようです。

まとめ

・瑞穂は几帳面で面倒見の良いタイプの性格です。
・瑞穂の夢は2年以内にチーフプロデューサーになり、DJをミナレに、構成作家を久連木にして最強の布陣を作ることです。

・瑞穂の恋愛に関しては、久連木片思いをしています。
しかし憧れの要素も強いです。

また甲本からはキスを迫られたことがあります。でも甲本を恋愛の対象とは見ていないようです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました