「波よ聞いてくれ」ミナレは貢ぐイタイ女?光雄との過去や関係についても

2020年の4月よりアニメ化が決定されている「波よ聞いていくれ」

このアニメは

2015年 コミックナタリー大賞 2015で5位
2015年 コレ読んで漫画RANKING BEST50で10位
2016年 このマンガがすごい!で6位
THE BEST MANGA 2016 このマンガを読め!で3位
マンガ大賞2016で6位
マンガ大賞2017で5位

と今までアニメ化がされなかったのが不思議なくらい評価の高い漫画です。

そんな評価の高い漫画「波よ聞いてくれ」の主人公のミナレは自立心はあるように見えるけれど実はイタイ貢ぐ傾向のある女です。

このページでミナレの性格や彼氏の光雄についてまとめました。

最後までお読みいただけると光栄です。

Sponsored Link

「波よ聞いてくれ」ミナレについて

引用元:https://namiyo-anime.com

名前:鼓田ミナレ(こだ ミナレ)

年齢:26才

誕生日 11月4日

星座:蠍座

血液型:O型

出身:北海道釧路市出身

「波よ聞いてくれ」の主人公ミナレ

ミナレの仕事はスープカレー店「ボイジャー」の店員です。
遅刻はしつつも仕事のミスはしないし、お客からの評判も良いです。

お客の中にはミナレのファンもいるほどです。

しかしボイジャーの店長からは
「客受けが良いとかお要素はいらない」と言われて首を宣告されています。

また饒舌に話すのが得意で麻藤がミナレをスカウトした理由の一つに26分間ずっと噛まずに饒舌に話していたことが上げられています。

ミナレは貢ぐイタイ女・性格についても

Sponsored Link

ミナレは相手に厳しい分、自分もしっかりものなのかと言えば欠点もあります。

ミナレは行き当たりばったりの性格の猪突猛進友タイプです。

しかしそういった性格よりも問題なのは男性観です。
ミナレには付き合っていた男性がいます。

それが光雄です。

光雄は金遣いが荒く、自分の美学で身を滅ぼすタイプだとミナレは知っているのにそれでも何故か彼に親しくして縁を切れずにいます。

しかも光雄はミナレから50万を借りて音信不通になっていました。

そしてミナレがラジオのパーソナリティになって少し名前が知れたときに連絡していきています。

ナレは光雄を懲らしめるために会ったのに、何故か服装をキメキメでデートのお金を出してあげています。

許さないと言っていたのに会った途端にまたお金を払っています。

もう貢いでいるも同然ですね。
そして光雄の部屋にまで上がってしまい、耳かきをして膝枕までしてしまいました。

ミナレは相手の男性に必要とされたりすると自身の承認欲求が満たされてしまう女性のようです。

だから痛い目にあっていたのに承認欲求が満たされそうと感じると相手を受け入れてしまうイタイタイプの女性です。

誰かに必要とされることで自身の存在意義を見出してしまうようです。

ミナレは自分の存在意義を満たしてくれる男性ならそれが最低の男性であっても気持ちが揺らいでしまうようです。
それが光雄でした。

ミナレの彼氏・光雄について

光雄はミナレと付き合っていたのに突然音信不通になりました。でもミナレがラジオに出ていることを知って再び縒りを戻そうとします。

かつてミナレのラジオが流れている時光雄は他の女性に殺されそうになっていました。

しかしその時ミナレのラジオが流れてきて相手の女性がそのラジオの内容があまりにも自分にぴったりということで逃げ出して命拾いしています。

仕事は週4回の清掃業です。それだけでは贅沢もできないことを知っていてもそれ以上働くことをしたくないよです。

光雄の性格や過去の関係

光雄の性格は馬鹿正直で金を惜しみなく使ってしまうタイプです。

子供のようあどけなさを持っていて、それが女性に受けています。

またお金がいくら会っても足りずに他人の金に手をつけてしまいます。

そして女関係も汚く、ミナレと寄りを戻すためにデートして、さらに部屋にまで連れてきたのに、他の女がいた証拠をつかまれています。

また過去に光雄は、自分の父親の会社の部下が金を持ち逃げして父は倒れてしまったと嘘をついてミナレから50万を借りています。

しかし寄りを戻そうとしてデートに誘った時借りていたお金の半分の25万を返しています。
ですがこれは他の女から借りたものだと言われています。

しかも付き合っていた時もデートのときなどはお金をほとんど払っていなかったようです。

ミナレは忠也をたぶらかしているのか?

ミナレは忠也は自分の事を好きだと知っています。

ミナレは一応本人には、”その気”はないことを伝えてはいます。

しかし、ミナレは万が一の時に備えて、忠也に曖昧な態度をとることがあります。

そのことをマキエに指摘されています。
マキエは忠也のことが好きで忠也を観ているためにミナレが忠也をあしらっていることが気に入らないようです。

ミナレ自身は悪気はないようですが、自分のことを好いていくれている人をキープしておく習性がみられます。

なので忠也に対してたぶらかしているというよりは数%の可能性を常に忠也が感じれるようにしています。

ある意味飼い殺しのようなものですね・・・

まとめ

・ミナレは自分の存在意義を失わないように誰かに必要とされたい女性です。

・その存在意義を満たしてくれるのが光雄でした。なのでクズと分かっていても縁を切れずいるイタイ女性でした。

・そしてその光雄のためにお金を貸したり、デートのお金を払ったりして貢いでいました。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました