「かくしごと」姫の性格やプロフィールは?可愛いと評判についても

2016年から連載しているマンガ「かくしごと」

ゆるーい感じの作風が好評で2020年にアニメ化がなんと決定しました!!

このページでは「かくしごと」のヒロインキャラの姫についてまとめました。

最後までお読みいただけると光栄です。

Sponsored Link

「かくしごと」姫のプロフィール

名前:後藤姫(ごとう・ひめ)
年齢:9歳(小学4年生)
父親:後藤可久士
母親:不明(他界の可能性あり)
住んでる街:東京都中目黒区

姫は父親の可久士と二人暮らしです。
父親が漫画家だということは知らされずにいます。

なので父親の仕事を聞かれたときは曖昧にしか答えられないシーンが印象的でしたね。

姫の性格や特徴

Sponsored Link

姫の性格は穏やかで、マイペースな性格の持ち主です。

ただ少し変わり者といった雰囲気が漂っています。

また家族が父の可久士だけなので女性らしさがすでに小学4年生にしてあります。

また後藤家は家政婦にも来てもらい家事をしてもらっていますが、姫は自分でもある程度はすでにできるようです。

その中でも料理が得意です。

また一時は節約にハマっていたりと初学4年生にしてはかなりの女子力をすでに持っています。

ただその節約術は後藤家の家計にはほとんど必要がありませんでした。

節約するというのをゲーム感覚のようにして楽しんでいたようです。

しかしすでに他の小学4年生よりかは大人な考えをもっているしっかり者とも感じられます。

母親がいないくて寂しさを見せない?

後藤家には母の姿がありません。
理由は定かではありませんが、死んでいると思われます。

姫は小学4年生ですのでまだまだ母親がいないと寂しさを感じてしまうはずですが、父親の愛情をしっかりと受けているために寂しい素振りはほとんど見せません、

姫が母親がいないことに対して寂しさを見せるときは、母が姫のために用意した年齢の書かれた箱を開けて母親の思いに触れたりした時です。

姫のための年齢の書かれた箱とは?

後藤家には年齢の書かれた箱があります。
これは母が姫のために作ったものです。

母は長くは生きられないと考えて姫のその年齢に達したら必要になるだろうものを事前に用意して詰めていました。

この箱を開けた時姫は母からの時を超えた優しさにふれて寂しさを感じています。

 

姫は可愛いと評判が良いのは本当?

姫は「かくしごと」の中でも評判はとても高いです。
特に可愛いという意見が多くありました。

その一部を抜粋しました。

と評判はとても良いです。

媚びる様子もないキャラなので女性からも人気なのでしょう。

世のお父さんの憧れの娘って感じもしますね!

まとめ

・姫は父の可久士とふたり暮らしで住んでいます。
性格はマイペースで穏やかな性格の持ち主です。

・母親がいないために家政婦の人はいても、やはり母親の代わりのような一面を持っています。

・姫は「かくしごと」の中でも特に人気が高いです。
理由は表情やリアクションが特に可愛いと言われていました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました