フルーツバスケット~神楽(かぐら)の性格や年齢は?夾との結末についても

アニメ

フルーツバスケットは第1巻が今から20年も前の1999年に発売されています。

それでも今なお人気のある漫画です!!

そして2020年の春にはアニメの2期もスタートします。

神楽は十二支の中でも数少ない女子の物の怪憑きです。

このページではそんな神楽の性格や年齢、夾との関係についてまとめました。

最後までお読みいただけると光栄です。

Sponsored Link

フルーツバスケット~神楽(かぐら)について

引用元:「フルーツバスケット」2nd seasonPV

十二支の一人神楽は透たちとは一緒に住んではいませんが、頻繁に登場してくる主要キャラの一人です。

一見普通の可愛らしい女の子ですが、かなり濃い一面ももっています。

神楽はなんと言っても夾に惚れ込んでいるのがもっとも大きな特徴です。

その恋の結末や性格について説明していきます。

神楽(かぐら)のプロフィール

引用元:https://fruba.jp/

名前:草摩神楽(そうま・かぐら)

年齢:推定19才

身長:160cm

体重:51kg

星座:蟹座

血液型:B型

神楽(かぐら)の性格

引用元:「フルーツバスケット」2nd seasonPV

Sponsored Link

神楽は一見大人しく、乙女のような雰囲気を醸し出しています。

猫が大好きで自分でリュックを手作りしています。

また恥ずかしがり屋の一面もあります。
しかし夾を目の前にすると性格は別人になります。

猪突猛進に夾へ走っていく様は別人です。

そしてかなりパワフルに夾へアプローチしています。

神楽(かぐら)の年齢は推定19才?

神楽の年齢ははっきりと判明はしていませんが

透たちの2個上だということが分かっています。

また、大学に通っていることも本編で明らかになっています。

透たちは高校2年生なので神楽は大学の1回生だと判断できます。

なので神楽は19才プラス・マイナス1才だと推測できます。

神楽(かぐら)は何の十二支に変身するのか?

神楽は十二支ではイノシシです。

なので猪突猛進に夾にアタックしてしまうのかもしれませんね!

蹴ったし叩いたりしているのは夾の師匠から武道を教わっていたからです。

フルーツバスケット~神楽(かぐら)と夾について

引用元:「フルーツバスケット」2nd seasonPV

フルーツバスケットにはさまざまな恋や恋愛関係が存在します。

しかも複雑ですが神楽と夾の関係についてはシンプルでわかりやすいですね!

ひらすら神楽が夾を追いかけているだけですから^^

しかし夾と神楽は結ばれることはありません。
その二人について解説します。

神楽(かぐら)と夾は幼馴染

引用元:「フルーツバスケット」2nd seasonPV

神楽と夾は幼馴染です。

きっかけは夾が一人で遊んでいたのを神楽が発見して声を掛けたことからでした。

夾は自分の正体を知っていたので、他の人とは関わらないようにしていました。
そして母親もそういう風してに夾のためを思っていました。

しかし神楽が一緒に遊んでくれることが増えて幼い夾の毎日は彩りました。
しかし神楽がある時、夾のブレスレットを貸してといって外してしまいます。

そのせいで抑えていた夾の本当の姿が神楽にバレてしまいます。

神楽は叫びながら逃げていってしまいます。

しかし、しばらく日が経ち再び神楽は戻ってきました。

そして夾のことを好きだと言い始めました。

神楽が夾の元に戻ってきたのは、十二支という呪いよりも夾の呪いの方が恐ろしく比べることで自分はみじめでは無いと感じれるからでした。

そして夾を愛することでほって逃げた自分の罪悪感をなかった事にできるからという考えがありました。
しかし、時が経つにつれて、神楽のそのつじつま合わせの恋は本物になっていきます。

神楽は透に夾の正体をバラそうとしたのか考察

神楽は一度夾の正体をうっかりと口にしてしまいそうになって夾に止められています。

引用元:「フルーツバスケット」2nd seasonPV

これは事故なのでしょうか?

これはおそらく神楽の故意だと考えられます。
夾にとって透が徐々に大切でかけがえなのない人になっていくのを神楽はいつも夾を見ていたので知ったのでしょう。

しかしそれをどうすることもできません。

神楽としては今まででしたらバケモノの夾に優しくする人なんていなかったのでライバルはいませんでした。しかし透は夾に優しく接していました

 

なのでうっかりを装い夾には本当の姿がある事をしゃべろうとしたのではないかと考えられます。

それでもし口止めされたとしても

透にあなたは夾の秘密を知らないという優越感を感じることができるからです。

そして優位に立とうという考えがあったのかもしれません。

神楽(かぐら)と夾の恋の結末

ある時神楽は夾にデートの誘いをします。
透が神楽たちの生活に入ってきて、夾の気持ちも知っていた神楽にとってはもう本当の事を打ち明けないと行けない気がしていたのでしょう。

そして神楽は向かった先はかつて一緒に遊んでいた公園でした。

そこで本当のことを打ち明けます。

それは懺悔にも似ていましたが、本当の告白でもありました。

しかし夾は神楽に対して「好きになることはない」と言っています。

神楽は振られてしまいます。

しかし神楽は夾への思いは簡単には消すことができませんでした。

でもなんとか神楽は自身の暮らしに充実を見つけ出し透を叱咤して前向きに生きていくことになります。

まとめ

・神楽は本来は大人しく、可愛らしさのある性格です。しかし夾の前では性格は一変します。

・神楽の推定年齢は19才です。透達の2つ年上であることから大学1回生だと考えられます。

・神楽は夾に対して持っていた恋愛感情は罪悪感や自身の懺悔の気持ちがきっかけでした。しかし時が立つほぼに本当に好きになっていきます。しかし結ばれる事はありませんでした。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました