「グレイプニル」修一(バケモノ)の性格やプロフィール!変態な一面についても

武田すん氏による人気コミック「グレイプニル」!

何故自分がバケモノに変身してしまうのか分からない修一ですが、話が進むにつれて様々なことが明らかになっていきました。

修一の性格や特徴、またクレアに対する変態的な行動、そしてエレナとの関係について漫画で明らかになっていることをまとめました。

最後までお読みいただけると光栄です。

Sponsored Link

「グレイプニル」修一(バケモノ)のプロフィール

名前:加賀谷修一(かがたに・しゅういち)

年齢:推定18才(高校3年生)

特技:なし

趣味:なし

修一の性格

修一は優しい性格の持ち主です。

あまり目立つタイプではありませんが、友達には慕われています。
漫画の冒頭ではボーっとしていて女子のパンツを見ているシーンがあるように少し抜けている性格でもあるようです。

修一の嗅覚

Sponsored Link

修一の最も優れた特徴はその嗅覚です。
変身しなくても元から鼻が良いようです。

火事が起きている事やその中に女性(クレア)がいることを変身していなくても気づいていました。変身するとさらに鼻は良くなります。

その嗅覚によってクレアの居場所をつきとめたりと確約しています。

修一ドリンクを飲ませてバケモノにしたのはエレナなのか?

修一は自分がなぜバケモノになるのか理解できませんでした。

そしてその姿が醜いことや、人間に戻れなくなってしまう可能性を恐れていました。
しかし、クレアの姉のエレナを捕まえた時に、バケモノの姿をしていたのに修一だと気づかれています。

なのでエレナは修一がバケモノになった理由や過程を知っていることは明確です。

またエレナは宇宙人に他人飲ませることもできるのかを聞いているので間違いないでしょう。

その理由についてはまだ明かされていません。

修一の欠けている幼少期の記憶

 

修一の記憶には消された部分があります。

それは幼少期です。

グレイプニル6巻より引用

この写真には修一とエレナと海斗がいます。

ですが、修一はエレナのことを知りません。しかしエレナは修一のことを知っています。

なので修一は記憶を操作された可能性が非常に高いです。

エレナは修一に着ぐるみに変身させる力を与え修一の中の自分の記憶を消したと見られています。

修一はクレアのパンツを脱がせた変態

修一は火事の時に着ぐるみになって中で倒れていたクレアを助けだしました。

しかし修一は間が刺したのか、クレアのパンツを脱がせようと手をかけてしまいます。

これはクレアは気づいていました。
がしかしこの時クレアはまだバケモノの存在が理解できていないために寝たフリをしていました。
この時修一はスマホを落とすという失態をしています。

そのせいでクレアと修一の接点が生まれました。

修一は物語の主人公なのに、ヒロインのパンツを脱がせるといった変態でもあるようですね。

「グレイプニル」バケモノ(修一)の変身の仕方について

修一は変身すると着ぐるみのバケモノになりますが変身の方法や、媒体となる道具はいらないようです。

ただ自分の意思で体が獣になっていくようです。

クレアはこの姿をみて「ワンちゃん」と読んでいましたね!

バケモノ(修一)が持っているピストルについて

バケモノがもっているピストルに関してですが、かなり殺傷能力が強いことがわかっています。

陸上の選手氷川を殺した時も玉は体を突き抜けていました。
修一の一番の戦闘道具でもあります。

まとめ

修一は着ぐるみに変身できるバケモノです。自身が何故着ぐるみに変身できるのか理解できていません。

しかしその変身の力を与えたのはエレナだと思われます。
エレナはその時修一の中の幼少期の記憶やエレナ自身の存在を消しています。

また修一は嗅覚がとても優れています。
これは変身しなくてもその能力があります。
しかし変身することによってさらに感覚は優れていきます。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました